像めぐり

手長・足長 (鍛冶橋)


高山市の中心部、鍛冶橋に二つの像が立っている。


ひとつは手長。


もうひとつは足長。


これら2体の像は、高山祭屋台のひとつ「恵比須台」に飾られている彫刻を銅像にしたもの。

出雲神話の登場人物・足名稚(アシナヅチ)と手名稚(テナヅチ)がモデル。
会津地方などにも手長足長伝説が残っているらしい。
(飛騨地方には伝わっていないが)。


見た目がグロテスクなのでギョッとしてしまうが、その中にあるユーモラスさが味わい深い。
お腹とか。


表情とか。

(撮影:2004年3月、2006年7月)

コメントをどうぞ

Return Top