MENU

三休の滝

[tabs]
[tab title=”2010年8月”]


8月上旬、クイズ仲間達を連れての訪問。


写真には撮ってませんが、新たに案内板やベンチなどが整備されていました。下流の魚帰滝にも看板が立てられ、場所が分かりやすくなったと思います。

[/tab]
[tab title=”2007年6月”]


6月中旬の訪問。


落ち口のアップ。昨年よりは水量が多いかな。


とは言っても、ほとんど水飛沫を浴びる事もない程度の水量。


ただの水溜りみたいな滝壺。


昨年とは違う時間帯に訪れたので、ちょっと違う感じに撮れた気がします。


相変わらず穴場的な雰囲気が漂っていたけれど。

[/tab]
[tab title=”2006年6月”]


高山市国府町宮地。荒城川の支流・宮谷川の上流にかかる「三休の滝」。滝の流れが3回休んでいるように見えたというのが名前の由来。


落差は30~40m位と意外に大きいが、水量は少なめ。水飛沫もなく、岩の上を水が垂れているというという印象だ。


目立つのは中程にある岩の形。なんか顔に見えてきた。お腹に見えるという人もいる。


まるで沼地のような滝壷。


太陽がよく当たって緑は気持ちいいけど、爽快感に欠ける滝で何だかもどかしい。手軽に見られる滝だが知名度はいまいちらしく、穴場的な雰囲気が漂っていた。

[/tab][/tabs]


<アクセス>



まずは荒城神社が目印。国府町の中心部から向かうと立派な社叢が見えてくる。神社付近に出ている三休の滝の看板をたよりに、林道へと進む。


舗装された林道には何ヶ所か分岐があるものの、それほど迷う事はないだろう。一つや二つ看板が倒れてたって大丈夫。林道途中には魚帰滝もある。


滝直前は砂利道になるが、それもわずかな距離。(写真は帰りに撮ったもの。)滝のすぐそばに駐車できる。


荒城神社にあった三休の滝ウォーキングマップ。

滝の看板が新しくなっていました。以前より分かりやすくなっていると思います。

目次
閉じる