魚帰滝 (国府町)

[tabs]
[tab title=”2007年6月”]


6月中旬の訪問。三休の滝のついでにちょっと寄り道。


この日は昨年訪れた時より水量が多く、川幅一杯に流れ落ちていた。


天気も良くて、なんだかカラフル。


ずっと上流から続く滑状の岩盤。


下流の様子。岩盤の色が鮮やか。

[/tab]
[tab title=”2006年7月と8月”]


高山市国府町宮地。荒城川の支流・宮谷川にかかり、この上流には三休の滝がある。とりあえず「魚帰滝」としておくが、「魚返りの滝」などと書かれる事もあって正式名はよく分からない。看板も何もないし。


滝自体は小さく、滝というよりは滑状の渓流といったところ。水量が多い時には、川幅一杯の流れが見られるのだろう。


ずっと上流の方から滑状になっているのが分かる。


道路から見るとこんな感じ。木々が繁って気付きにくいかも。


今度は下流から見てみる。赤茶けた岩盤の上を流れているのがなんだか珍しい。


滝の周辺にはゴミが溜まってたりして、ちょっと荒れた雰囲気。

[/tab]
[/tabs]


<アクセス>



三休の滝へ向かう途中の道路から見える。すぐ近くには三休の滝の看板が埋もれていた。


道路沿いを流れる川を見ていれば、多分気がつくのではないかと。

林道沿いに新しく滝の看板が設置されていました。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる