MENU

稚児の滝

[tabs]
[tab title=”2009年9月”]

静岡県浜松市天竜区佐久。天竜川支流の谷の奥深くにかかる「稚児(ちご)の滝」。


落差は15m。


水量はそれほど多くないが、滝壺はけっこう深そう。


静かに流れ落ち、あたりは厳かな雰囲気。


ヘビのような形のしめ縄が飾られていた。


橋の下から。

[/tab]
[/tabs]

アクセス



まず目指すのは、国道152号線沿いにある道の駅「天竜相津 花桃の里」。
その脇を通り佐久地区へ。集落を通過し、さらに奥へと向かう。
各所に案内があるからなんとか分かるが、狭い道なので気が抜けない。


案内のアップ。


急な坂道を登った先に、ようやく稚児の滝入口があった。
道はここで行き止まりとなり、なんとか方向転換できそうなスペースになっている。


あとは2、3分歩くだけ。


滝の前には木道が作られていて、すぐ傍まで接近できる。
底が抜けそうで不安だけど。


滝の名前は、光明寺の稚児がここで修行をした事に由来する。
光明寺というのは、ここのすぐそば光明山にあったという古刹だ。
かつては信仰者たちで賑わったのかもしれない。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる