白糸の滝 (江名子町)

[tabby title=”2008年2月”]


2月上旬。寒いある日の訪問。


今年の冬は、雪は少ないけど結構冷える。
氷柱も見事に下まで繋がっていた。


美女街道からもわずかに姿が見えるので、知っている人は案外多いかも。


冬になると巨岩の大きさがはっきり分かる。


落ち口。この写真の上にはパイプから水が流れている。
やっぱり人工の滝だった。


旧高山市には意外と滝が無いので、人工滝でも貴重だったりします。

[tabby title=”2006年6月”]


高山市江名子町の奥。住宅地図を見ていてたまたま発見した。
剣不動明王が祀られた岩にかかっている。


落差は10mくらいか。


水量が少なめなので、滝そのものよりも岩の巨大さの方に眼が行く。
しかもすぐ横に堰堤があり、そちらの音の方が大きくて、滝の存在に気がつきにくい。


祀られている剣不動明王。滝にはなぜか不動明王がつきもの。


滝壷。


ただ、本当に白糸の滝かどうか、いま一つ確実ではない。
多分これだとは思うが。

[tabbyending]

<アクセス>


まずは高山市江名子町にある荒神社を目指す。
そこからさらに奥に向かった先にある。駐車場所もあり。
頭上を走っているのはふるさと農道「美女街道」だ。
(美女街道は2008年に国道361号線になった。)

冬季は除雪されないようなので、少し手前から歩いて行くことになる。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる