不易の滝

[tabs]
[tab title=”2007年6月”]


木曽町三岳、油木美林にある不易(ふえき)の滝。
滝の名前は「昔から姿が変わらない」という意味。


岩壁のところどころに口を開けている不気味な穴。


そこを伏流水が流れ落ちる。かなり独特な姿をした滝だ。


岩壁に囲まれたシチュエーションは、静かというより何だか怖い。


下流はこんな具合。かなり落石が多そう。

[/tab][/tabs]


<アクセス>


「道の駅 三岳」にあった案内板。
他にもいくつかの滝が書かれているが、御嶽霊場付近にある滝は修行用の人工滝らしい。


油木美林の入口。


駐車場から滝へは徒歩10分ほど。途中には「こもれびの滝」もある。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる