阿寺渓谷の滝


長野県大桑村野尻。木曽川の支流・阿寺川周辺にいくつか滝がかかっている。

目次

2010年5月


まずは阿寺渓谷のガイドマップ。


エメラルドグリーンの清流が流れる阿寺川。この色を見るだけでも訪れる価値がある。


森林鉄道の鉄橋跡。



はるか高くの岩壁にかかっている雨現の滝。


雨の後に出現する滝らしく、水量は少なめ。


阿寺川ごしのかなり遠い所にかかっている。


そのため往路では全く気付かず、帰る途中に見つけた。



狐ヶ淵。


狸ヶ淵。


亀石?


犬帰りの淵。



樽ヶ沢の滝。
林道の下をくぐり、らせん状に向きを変えながら阿寺川に合流する。


基本的に橋から見下ろすしかないため、ちょっと見づらい。


深く刻み込まれた自然の脅威。


橋の下から上流方向を。



六段の滝。


木々に遮られて六段も見えない。


日差しが強烈だった事もあって、日陰が真っ暗。


林道から阿寺川ごしに眺める。



熊ヶ淵。


阿寺川本流に滝はかかっていないが、動物の名がつけられた淵があちこちにある。


牛ヶ淵。


ここは特に深いのか、水の色が緑というより青っぽい。
今回の阿寺渓谷で一番印象に残ったのが、ここの鮮やかな青さだった



最後は吉報の滝。ここも渓谷ごしに眺める。


影になってしまってよく分からないが、三段くらいに見える。

アクセス


木曽川越しに見た阿寺渓谷の入口。牛ヶ滝などのある柿其渓谷の北隣りに位置する。


砂利道の林道だと聞いていたが、最近舗装されたようだ。


とは言え林道の幅は狭く、停車位置には気をつけたい。


ちょっと古めかしい阿寺渓谷案内図。滝の絵がずいぶん大げさな感じ。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる