MENU

不動の滝 (馬瀬)

[tabs]
[tab title=”2008年5月”]


下呂市馬瀬下山。馬瀬川の支流・厚谷にかかっている「不動の滝」。資料によっては「不動明王の滝」とも呼ばれている。


落ち口に岩が挟まっているところが特徴。


二つの流れが一つに合わさり、なめらかな岩の上を滑り落ちる。


意外と水飛沫は少ない。


落差は20mくらいか。


天気の良い日だったけれど、滝は若干奥まった所にあり薄暗い。


岩に囲まれた空間で音が反響し、不思議な迫力があった。


背後を見ると巨岩がゴロゴロ。


厚谷では沢登り体験ツアーをやっているそうです。

[/tab][/tabs]


<アクセス>



岩屋ダム沿いを通る県道431号線の途中から分岐し、厚谷林道に入る。北からでないと林道入口に気付きにくい。


林道はちょっと荒れ気味のダート。


しばらく進むと道幅が広めになったカーブがあり、厚谷不動明王と不動の滝の小さな案内が出ている。ここから谷に下りてゆく。


こんな所もあるが、それほど苦労はしない。


途中にあった無名の滝。


厚谷不動明王まで来れば、不動の滝はもうすぐ。


眼下には不動の滝が。


あとはガレ場を下って川原に下りる。難所らしい難所はここくらい。


林道から滝まで10分足らずで着く。

目次
閉じる