阿弥陀ヶ滝

目次

2007年4月


一ヶ月ぶりの訪問。
雪があるわけでなく、新緑というわけでもない微妙な季節。


前回とはカメラが違うが、撮る人間の腕前は同じなのでほとんど代わり映えせず。


比較物が無いので分かりにくいけど、かなりの大きさ。


裏側からも見られるそうだけど未体験。
今度はもう少し暖かい時期に来てみたいと思っています。


正面から。
滝名の看板やら、ライトアップ用の機材やらが結構邪魔。


遊歩道の途中。


五稜滝。木が繁ったら見えなくなってしまいそう。

2007年3月


郡上市白鳥町。前谷川支流の谷にかかる阿弥陀ヶ滝。
日本の滝100選にも選ばれており、奥美濃を代表する名瀑といえる。


両側を険しい断崖に挟まれた姿は迫力十分。


滝の前は水飛沫と風がすごい。


落差は約60m。落ち口がはるか彼方に感じられる。


洞穴には不動明王などが祀られている。


少し離れた所から。



まだ3月上旬というのに暖冬の影響か、遊歩道に積雪はほとんど無かった。


遊歩道の途中にあった滝っぽいところ。
地形図にも滝マークが記されている。


これは「五稜滝」というそうだ。

アクセス


駐車場も遊歩道も完備。徒歩10分足らずでたどり着く。


遊歩道入り口。


100選の看板と共に。


白山の開山者・泰澄が発見したという阿弥陀ヶ滝。彼の名は夫婦滝にも見られる。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる