MENU

称名滝

[tabs]
[tab title=”2007年5月”]


富山県立山町芦峅寺(あしくらじ)、称名川にかかる「称名滝」。


全落差350mは日本一を誇る。その巨大さに圧倒されるばかり。


最上段の落ち口は遥か彼方。大きすぎてスケール感が分からなくなってきた。


それぞれに数十mの落差がある。


残雪があったので滝つぼは見えなかった。


称名滝の右側に落ちているのが「ハンノキ滝」。
(地図によっては「ネハンの滝」とも書かれている。)


融雪時や大雨の後限定の滝で、その落差は称名滝をも凌ぐ500m。


雪解けの時期だからか、ハンノキ滝の他にも崖のあちこちから水が流れ落ちていた。

[/tab]
[/tabs]

アクセス



まずは立山黒部アルペンルート方面へ。
やがて立山駅に近付くが、ここで右折せずにそのまま直進。
滝からかなり離れた場所だが、ハンノキ滝らしきものが見えてきた。


迫り来る「悪城の壁」。


悪城の壁のあちこちからも水が落ちていた。


駐車場に車を置き、あとは舗装道を約20分歩く。
グランドキャニオンを思わせるような大渓谷を眺めながら、のんびり行こう。


周辺の見所。


称名滝は断崖絶壁の一番奥。傍まで近寄らないと見えない。


称名滝の周辺。


最後に橋を渡って滝見台園地に到着。

目次
閉じる