宮島峡 観音滝

[tabs]
[tab title=”2008年4月”]

富山県小矢部市別所滝、子撫川の支流にかかっている。


真っ直ぐに流れ落ちる様子は、宮島峡の他の滝とは違う趣。


薄暗い境内の中、神秘性を感じさせる滝だった。


参拝用の道具がいろいろと置かれていた。

[/tab]
[/tabs]

アクセス



宮島峡の本通り(?)からは対岸に位置する。
橋を渡って瀧之社に向かう。


瀧之社境内。
観音堂と俊寛杉の奥に観音滝が見える。


観音滝の説明。


こちらは宮島の大杉(俊寛杉)の説明。

平康頼、俊寛ともに平安時代に起こった鹿ヶ谷の陰謀で知られる人物だ。
薩摩国に配流されたといわれるが、ここ小矢部に流されたという伝説もあるらしい。

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 懐かしいです。夏休み子供たちでお宮さんの草刈りしました、素晴らしいところで育て頂いて感謝してます

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる