八反滝

目次

2009年6月


郡上市白鳥町石徹白(いとしろ)。
石徹白川支流の初河谷(はっこだに)にかかる八反滝。


案内板によると落差は76.0m。
実際にはそこまで無いんではないかと思われるが、見事な大瀑だ。
落ち口が遠い。


落水が途中で岩に当たって広がるのも良い感じ。


滝壺。


同じ白鳥町内の阿弥陀ヶ滝にも劣らぬ名瀑ではないでしょうか。
こちらは日当たりが良いので、雰囲気がだいぶ違うけれど。


下流方向の風景。滝周辺は草がかなり繁っていた。


かなり山奥に来たような気分だが、地形図を見ると上流にもさらに3つの滝マークがあった。
初河谷の奥深さを思い知らされる。


滝前のベンチに腰を下ろしてゆっくりしていたら、虹がわずかに出てきた。

アクセス


まずは白山中居神社から石徹白の大杉方面へ向かう。
しばらく走ると初河谷出合付近に広い駐車場がある。


参考コースタイムは往路60分、復路50分。


駐車場の奥が遊歩道入口。


遊歩道前半は堰堤群を横目に見ながらの林道歩き。


階段が登場。ここからは山道になる。


何度も渡渉を繰り返すことになる八反滝遊歩道。まずは第一の渡渉地点。


思わずギョッとする遊び心。


ふと振り返ると頭上に頭上に巨大な岩壁が。
ここが案内図に書かれている大岩盤渓谷だろうか。


渡渉地点には飛び石があるので、それほど足を濡らす事もなかった。
ただ、増水時には注意が必要だろう。


開けた場所に出ると八反滝はもうすぐ。
思ったより荒れていない遊歩道で苦労はなかったが、最後は草が多かった。


滝の前にはベンチが置かれているので、ゆっくり見物できる。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる