霧ヶ滝

[tabs]
[tab title=”2007年3月”]


郡上市白鳥町前谷。前谷川支流の谷にかかっている。


水量が少なく、落水が霧のように見えるところから名づけられたのだろう。
確かに水はチョロチョロ。


朝日が当たり、なんとなく霧っぽく見えるかも。


大きく露出した岩盤がなかなかの迫力だ。


遠望。

[/tab][/tabs]


<アクセス>


100選滝の阿弥陀ヶ滝の近所にある。
まずは県道314号線を通り石徹白方面へ。
ずっと上まで続く道路にげっそりさせられるが、よく見ると霧ヶ滝が遠望できる。


洞門のすぐそば。


道路のすぐ脇を落ちている。
若干の駐車スペースはあるが、車の通行に注意。

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 美濃白鳥から石徹白に行く途中、「阿弥陀が滝」への分岐を過ぎて直ぐ、大きなカーブに差し掛かった時、道路の右上に偶然見つけました。頭上に覆い被さるような圧迫感は物凄い迫力を感じます。近寄って見ると滝口は今にも落ちて来るように思えます、是非見て欲しい滝です。今回は生憎と水量が少なくやや迫力に欠ける状態でしたが、水量の多いときだったら、さぞ素晴らしい迫力を演出してくれるでしょう。名札が掛かっていましたが残念ながら「〇ケ滝」と1文字が欠けていました。ネットで必死にこの滝名を検索しました。

  • 拝殿踊狂さん。こんにちは。
    この滝は集水域が狭く、普段から水量が少ないようですね。
    雨後や雪解けの時期がいいかもしれません。
    私が訪れた時は水滴がキラキラと光り、見事なものでした。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる