根尾の滝

[tabs]
[tab title=”2007年5月”]


下呂市小坂町。濁河川にかかる「根尾の滝」。日本の滝100選に選ばれており、小坂町に数ある滝の中でも代表的な滝といえるだろう。


落差は公称63m。実際にはもう少し低いようだが、この風格はさすが100選。


ぎゅっと狭められた落ち口から、一気に流れ落ちる。


はるか頭上には柱状節理の大岩壁。


迫力の滝壺。前日の雨の影響か水量が多く、すっかりびしょ濡れ。


もう少し近づきたいところだったけど、ここまで。


少し離れたところで休憩。天気も良く、素晴らしい滝見になりました。

[/tab][/tabs]


<アクセス>



巌立公園にあった案内図。


巌立の脇から林道に入り、唐谷滝などの入口を通過。ダートを20分ほど走った所に駐車場がある。さすが100選滝だけあって有名なのか、止まっていたのは他県ナンバーの車ばかりだった。


ずいぶん大げさな絵。


注意書き。滝まで往復約2時間とあるが、これは誇張ではない。実際それくらいかかる。特に険しい道というわけでもないが、ある程度の準備は必要だろう。


遊歩道に入るとまずはつづら折りが続く急激な下り。帰りの登りを考えると気が重いが、がんばろう。振り返ると溶岩壁がそびえている。


下りきった先は吊り橋。


濁河川を渡る。


あまどり岩。遊歩道の中間点なので、小休止するのにちょうどいい。


この「あまどり岩」も巌立と同じく御嶽の溶岩壁。


若干のアップダウンが続く遊歩道をさらに歩くと、ようやく河原に出る。根尾の滝はその先だ。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる