滝めぐり

材木滝

  • 2008年7月
下呂市小坂町。濁河川支流の兵衛谷(ひょうえだに)にかかる材木滝。 落差は23m、幅10m。 水量が多く迫力満点。 水飛沫がすごく、滝の前に立つと一瞬にしてびしょ濡れ。 岩陰に隠れながらコソコソと撮る。 向こう側には柱状節理や、シンターらしき赤茶けた部分も見られる。 滝の前には流木が積み重なっていた。 違う場所から落ち口を見てみた。パワーに圧倒される。 材木滝の近くで見られる階段状のシンター(温泉沈殿物)。 苔の緑がものすごく鮮やか。

<アクセス> 沢登りで人気の兵衛谷だが、この材木滝だけは探勝路があるので徒歩で行ける。 まず目指すのは、濁河温泉近くにある御嶽少年自然の家。 (現在は高地トレーニングの施設「下呂市濁河温泉高原スポーツレクリエーションセンター」となっている。) その近くに材木滝探勝路の入口がある。 看板の向きが悪く、車の進行方向とは反対についているので気付きにくい。駐車スペースも無し。 参考コースタイムは片道40分。 行きは下り、帰りは登りになる。自分が行った時は往路20数分、復路は30分くらいかかった。 道が草に覆われている箇所はあるが、あちこちに立っている案内を頼りに歩く。 ルート前半はササをかき分けて進み、 後半はヌルヌルした下り坂と急階段になる。滑りやすいので注意。 材木滝の手前にはシンター(温泉沈殿物)による段々畑のような地形が見られる。 材木滝と温泉湧出地。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. こんにちは!!

    日本の滝100選及びその周辺の滝めぐりをしているtakizukiと申します。
    滝訪問にあたり先輩方のHPを参考にしながら、滝めぐりをしております。

    昨年、岐阜方面の滝を観に行きましたが、滝の行き方等について検索していたところ、
    貴ブログにたどり着きました。訪問記録・写真を参考にさせていただき、大変助かりました。
    ありがとうございます。

    私の滝のレポートの最後に貴ページをリンクさせていただきましたので、ご確認をいただきご意見が
    ありましたらお願いいたします。差し支えなければ、過去に訪問した滝にもリンクを貼らせて
    いただきたいと思っております。

    【リンク例】
    胡桃大滝
    http://ks2345.sakura.ne.jp/report281kurumiootaki.html

    材木滝
    http://ks2345.sakura.ne.jp/report282zaimokudaki.html

    その他・多数

    今後ともよろしくお願いします。

  2. takizukiさん、はじめまして。
    こちらこそ、よろしくお願いします。

    リンクはご自由に貼っていただいて構いません。
    情報がちょっと古くなっているので、心苦しいものがありますが。

    貴サイトを拝見いたしました。
    すでにすごい数の滝めぐりをされているのですね。
    私も参考にさせていただきたいと思います。

  3. こんにちは!! takizukiです。

    >リンクはご自由に貼っていただいて構いません。
    ありがとうございます。3月頃までに過去に訪問した滝にもリンクを貼らせていただきます。
    昨年、九州にも行かれたのですね。私も昨年だったので懐かしく拝見させていただきました。

    >情報がちょっと古くなっているので、心苦しいものがありますが。
    とんでもないです。私は岐阜県、長野県、山梨県の情報を参考にさせていただきましたが、
    大きく変わった点もなく、おかげさまで安全な滝めぐりをさせていただきました。

    リンクを貼っていただき感謝します。
    北陸等まだ未訪問の滝もたくさんあるので今後も参考にさせていただきます。
    楽しい滝めぐりを謳歌しましょう。

コメントをどうぞ

Return Top