MENU

乗政大滝

[tabs]
[tab title=”2008年7月”]


7月下旬の訪問。


今回はもう少し接近してみた。落石が多いようなので、自己責任をしっかりと自覚しておきたい。


巨大な岩壁がそそり立つ。


この日はとても天気が良く、木漏れ日でまだらになってしまった。


虹が出ている。


岐阜県名水五十選だけあって、水はすごく綺麗。


木漏れ日の遊歩道も、とても気持ち良かったです。


大滝の下流はこんな感じで、あちこち崩れた跡が残っている。遊歩道で数分の所にある滝だけど、滝周辺には緊張感がみなぎっていた。

[/tab]
[tab title=”2006年6月”]


下呂といえば温泉で有名だけど、いくつか滝もある。その中でも旧・下呂町を代表する滝が、この「乗政(のりまさ)大滝」だ。


落差は21メートル。


竹原川支流の乗政川にかかっている。


赤い岩肌が荒々しい。


吹き降りる風にのって水飛沫が飛んでくる。水量の多い時だったら、ずぶ濡れになるかもしれない。

[/tab][/tabs]


<アクセス>


下呂市から中津川市へ向かう国道257号線を進み、乗政地区へと左折する。あとはほぼ道なりに進めばいい。なだらかな上り坂が続き、山の中へと入ってゆく。


途中で道が分岐しているけど、こんなに看板があるので分かると思う。白草山や寺田小屋山の登山口方面に向かえばいい。


遊歩道入口。


あとは5分ほど歩けば滝は目の前。


こんな樹があったり、


こんな沢があったり、


こんなトイレがあったりする。


乗政大滝は岐阜県名水五十選だそうだ。

目次
閉じる