滝めぐり

番所大滝

  • 2009年7月
  • 2007年5月
2年ぶりの訪問になる番所(ばんどころ)大滝。 相変わらずの大迫力。 舞い上がる水煙。落差40mという数字以上に迫力が感じられる。 激しい水飛沫で、展望台にいるだけでびしょ濡れ。 まだ日の出直後なので、ひどく暗い。 この日は昼から仕事だったので、ささっと午前中に行ってきました。
遊歩道入口近くまでいったん戻り、前回通行止だった千間淵遊歩道に行ってみる。 滝上展望台から。 夢見橋から見た番所大滝の落ち口。
夢見橋を渡り小大野川の左岸を歩くと、すぐに番所小滝の案内が見えてくる。 河原から上流方向に番所小滝が見えるが、ちょっと遠い。 番所大滝とは違い、幅広く流れ落ちる。落差は8mとの事。 遊歩道をさらに歩くと番所小滝に近付くけど、木が繁っていてよく見えない。
そして千間淵に到着。 滝自体は小さなものだけど、周りの岩がすごい。 両側からドーム状に覆いかぶさるように岩がせり出している。 番所大滝に比べればずっと地味だけど、見逃せないポイントだ。
松本市安曇、小大野川にかかる「番所(ばんどころ)大滝」。 上流にある「善五郎の滝」「三本滝」とあわせて乗鞍三滝とされる。 雪解け水を集めて大迫力を見せる。 落差は40メートルほど。 向かって右側は一気に落ち、左側は岩をつたって流れ落ちる。 豪快な中にも様々な表情が見える。 滝の周りは険しい断崖に囲まれている 上流には番所小滝や千間淵があるそうだが、この日は上流への遊歩道が通行止めになっていた。

<アクセス> 国道158号線から乗鞍高原へと向かう途中。 広い駐車場があるので場所はすぐ分かると思う。 駐車場から急な下り階段を降りること数分で到着。 観瀑台では水しぶきを浴びながら、その迫力を味わうことができる。 観瀑台の下にも踏み跡があり、滝壺まで行けなくもない。 かなり滑りやすくなっているので注意が必要。 番所大滝について。 遊歩道の説明。 千間淵遊歩道は、番所大滝からいったん入口近くに戻ってから上流に向かう。 アップダウンはあるものの、よく整備された遊歩道なので快適。 千間淵まで10分ほどで着く。

コメントをどうぞ

Return Top