横谷峡 四つの滝

[tabs]
[tab title=”2007年5月”]


新緑が鮮やかな5月下旬の訪問。
・・・しかし試し撮りに一枚撮ったところで団体客が到着。スゴスゴと退散した。
意外と言っては失礼かもしれないが、ここは平日でも人の多い印象がある。

[/tab]
[tab title=”2007年3月”]


まずは白滝。


3月下旬の訪問。もちろん新緑はまだ。


デジタル一眼を買った直後なので使い勝手が分からず、四苦八苦した覚えがある。


高速シャッターをテストしてみたりとか。


水は濁り気味。



お次は二見滝。


階段を降りてゆくと最初は下段の滝しか見えないので、一瞬「あれ?」と思ってしまった。


もちろんちゃんと二段滝でしたよ。


滝の音が岩に反響していたのか、なぜか飛行機みたいな音が聞こえてきた。



紅葉滝には先客がいたためスルー。というわけで鶏鳴滝。


やっぱりスローシャッターを使うと雰囲気が出ますね。


滝のすぐ上を道路が通っているためガードレールが邪魔だった。夏には気づかなかったけど。


ちょっと撮りにくいけど、すぐ下流も良い感じで水が流れていた。

[/tab]
[tab title=”2006年6月”]


下呂市金山町。馬瀬川支流の横谷(よこたに)川は、横谷峡とも呼ばれる景勝地。
ここに白滝・二見滝・紅葉滝・鶏鳴滝の四つの滝がかかっている。


まずは白滝。端正な姿をしていて落差は10mほど。


縦一文字に落ちるスタンダードな滝。いわゆる直瀑型ってやつだ。


横谷峡の中でも最下流に位置し、地形図には「一ノ滝」とある。



お次は二見滝。


二段に落ちる合わせ技の滝。


それぞれの落差は小さくて地味だが見ごたえはある。


下段の滝。



3番目は紅葉滝。


こちらはひねりの利いた微妙な二段。


紅葉滝というくらいだから、秋見るともっと良いんだと思う。



最後は鶏鳴滝。
4つの滝の中で最も上流に位置し、最大落差(約20m)を誇る。


滑り降りるように流れる水がさわやか。


規模は小さめながらも、4つの滝それぞれに違った特徴があって面白い。

[/tab][/tabs]


<アクセス>

国道256号線から横谷峡へ。国道には看板が出ているので分かると思う。
(地図のポイントは白滝を指しています。)


横谷峡四つの滝周辺案内図。


横谷峡案内図を拡大。駐車場は白滝と鶏鳴滝のそば2ヶ所にある。


滝への遊歩道はしっかり整備されていて、気楽に見ることができる。


二見滝以降は道路がかなり狭くなるため注意。路駐されると迷惑。


こんなトンネルがあったりもする。


鶏鳴滝と黄金姫(こがねひめ)伝説。


白滝駐車場にあった「ぬく森の里ふれあいの道」案内板。

善心谷林道(こもれび遊歩道)についてはよく知らないが、
道の駅「飛騨金山ぬく森の里温泉」付近を出発し、山を越えて横谷峡に着くルートらしい。
子守金(こもりこん)神社と鶏鳴滝とを繋ぐ「黄金姫街道」として、最近整備されたそうだ。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる