MENU

唐谷滝

[tabs]
[tab title=”2010年3月”]


3月下旬の訪問。
さすがに雪は残っていなかったものの、滝の前はかなり寒い。


落差はそれほど無いが、豊富な水量と轟音が大迫力。
周りの柱状節理も素晴らしい。


数ある飛騨の滝の中でも、お気に入りの滝です。

[/tab]
[tab title=”2008年11月”]


11月上旬の訪問。


ちょうど紅葉の最盛期で、巌立周辺は平日にも関わらず大賑わい。
だけど行楽客もここまでは来ないのか、意外と静かな滝見になった。最初のうちは。


苔もなんだか赤っぽい。秋ですなぁ。


相変わらず見事な柱状節理。


この日の水量は少なめ。滝壺がかなり小さくなっていた。


秋晴れ。


この日の巌立。紅葉の真っ盛り。

[/tab]
[tab title=”2007年5月”]


5月下旬の訪問。根尾の滝の帰りに寄った。
激しい水飛沫に西日が当たり、目の前は一面虹だらけ。まぶしすぎ。


この日はカラ谷(あかがねとよ)の水量も多く、ザバザバと椹谷に合流していた。
(足元、右からの流れ。)


昨年来たときは気づかなかったが、滝の上流の岩がすごい。


柱状節理がまるで束のように見える。


滝の周辺は流木で荒れていた。(のちに撤去されたようです。)
それにしてもこんな木が流れてくるなんて、一体どんな状況だったんだろう。


看板が新しくなっていた。

[/tab]
[tab title=”2006年6月”]


下呂市小坂町。椹谷(さわらだに)にかかっている唐谷滝。
名前は「唐谷」滝だが、カラ谷にかかっているのは隣にあるあかがねとよ
だからか知らないが最近は「からたに滝」という平仮名名称の方が目に付く。


落差は10数mとそれほどでもないが、豊富な水量と轟音がすごい迫力。


周りに広がる柱状節理も素晴らしい。


御嶽の溶岩流による柱状節理が、特徴的な景観を生み出している。


ずっと上まで柱状節理が続いている。


水は綺麗で、とても冷たい。


入口にあった看板はかなり古びていた。

[/tab][/tabs]


<アクセス>



まずは巌立公園から林道に入る。


ダートなので注意。


しばらく走ると滝の看板があって駐車できる。ここから川に下りるだけだ。
この林道をさらに先に進むと「根尾の滝」駐車場がある。

目次
閉じる