滝めぐり

あかがねとよ

  • 2010年3月
  • 2008年11月
  • 2007年5月
  • 2006年6月
3月下旬の訪問。とにかく寒かった印象が強い。 滝の前に新しい足場が作られていた。 おかげで足を濡らすことなく、あかがねとよを正面から見られるようになった。 すぐ上に橋がかかっているのが分かる。 橋の上から見たあかがねとよ。 上流の様子。
11月上旬の訪問。 ちょうど紅葉の時期で巌立は行楽客で混雑していたが、この付近は比較的静かだった。 川原に下りると、水の少なさにびっくり。 なんとか流れはあったので安心。それにしても水量増減の激しい滝だ。 滝壺は相変わらずの青さ。柱状節理がまるでウロコみたい。 巌立周辺の紅葉。 山頂から伸びるパイプラインの先には小坂川発電所がある。
5月下旬の訪問。根尾の滝の帰りに寄った。 この日はずいぶん水量が多い。 近づくのもひと苦労。水がムチャクチャ冷たかった。 水煙が出るほどザバザバと流れ出している。 滝壺にちょうど西日が当たってまぶしい。 流れ出した水は椹谷へと合流する。 この写真の左には唐谷滝があります。
下呂市小坂町。カラ谷にかかっている「あかがねとよ」。 すぐ隣には唐谷滝のかかる椹谷(さわらだに)があり、やがて合流する。 岩の陰になっていて、ちょっと見づらい。 「あかがねとよ」というのは「銅の樋」という意味だ。 樋状になった岩の形と、滝壺の色から名づけられたのだろう。 轟音を響かせる唐谷滝とは対照的に、静かに水が流れている。 水の青さが印象的。不思議な感じのする滝だった。

<アクセス> 唐谷滝と隣り合っており、特徴的な二つの滝を一度に見ることができる。 行き方は唐谷滝のページを参照してください。

コメントをどうぞ

Return Top