MENU

狒狒の滝

[tabs]
[tab title=”2008年5月”]


5月上旬、久々の訪問。


手書きの看板は相変わらず。


新緑が気持ちいい。


上からだと木の枝に隠れて見づらいので、今回も下に降りてみた。


滝の周りはなんだか崩れやすそう。


頑張って滝壺まで近寄ってみた。結構大変だったけど。


下流の様子。

[/tab]
[tab title=”2006年9月”]


下呂市金山町弓掛(ゆがけ)。弓掛川の支流・逢月渓流にかかっている「狒狒の滝」。


狒狒(ひひ)というのはサルの怪物のこと。詳しい由来は知らないが、金山町にはサルが多いからだろうか。岩屋岩陰遺跡には大狒狒の伝説もあったりする。


それほど大きな滝ではないが、なんとなく野性味が感じられるような。


手書きの看板もワイルド。


滝周辺はちょっと荒れ気味。木々が繁って滝が見づらくなっている。


もう少し近づこうと斜面を降りていたら、ヒルにやられてしまったらしい。車に戻ってふと気づいたら、足が血だらけでビックリした。

[/tab][/tabs]


<アクセス>


まず目指すのは、岩屋ダム上流・弓掛川沿いにある「飛騨金山の森」。狒狒の滝はこのキャンプ場の近くにある。


岩屋ダムのダム湖・東仙峡金山湖。


清流・弓掛川。この上流には小川の大滝もある。


飛騨金山の森GUIDE MAP。


右下あたりに狒狒の滝が書かれているが、道がなんだか分かりにくい。この地図のある場所から、県道をさらに進むと林道入口がある。


林道入口。ここから行けば車でかなり近づける。ダートなので注意。


徒歩の場合は、県道脇から伸びている遊歩道を歩く。15分くらいかかるそうです。

目次
閉じる