像めぐり

金森長近


高山市民の憩いの場、城山公園二の丸児童遊園地に金森長近像がある。


今や高山市のシンボルともいうべき銅像だが、いかんせん金森長近本人の知名度が低い。

最初は美濃の斎藤家に仕え、そののち織田信長に鞍替え。豊臣秀吉の時に飛騨を制圧。
徳川家康の時に初代飛騨藩主として高山を城下町として整備した。

とりたてて有名なエピソードはなく、典型的な東海地方出身の武将という感じだ。


とはいえ高山では、現在の高山の町並みを築いた功労者として評価されている。
それでこの立派な銅像なのだろう。カッコいい。


昔、城山公園にはちょっとした動物園があった。
銅像の建っている場所がたしかペンギン山だったような。


金森長近略伝。

(撮影:2005年6月、2006年6月)

コメントをどうぞ

Return Top