像めぐり

龍とよそ八


国道41号線から宇津江方面へと渡る四十八滝橋。
ここに建てられているのは、宇津江四十八滝の伝説に基づいた銅像だ。


よそ八。


龍とおよし親子。


なぜかマフラーや数珠が巻かれていた。不気味さが若干アップしている気がする。
(後日見かけたときには無くなっていました。)


民話「龍とよそ八」は宇津江四十八滝にまつわる民話。
親孝行の若者「よそ八」と、山奥に住む大蛇の化身「およし」が登場する。

(撮影:2006年6月)

コメントをどうぞ

Return Top