滝めぐり

平金大滝


<アクセス> まずは国道158号線を通り、旗鉾という地区から岩井谷へ入ってゆく。 国道(旗鉾橋)をくぐる形になる。 しばらくダートを走ると、とあるカーブにこんな林道ゲートがある。 平金大滝はこのすぐ下流。 道路から下を覗いてみると、滝の落ち口がすぐそこにあった。 写真だと分かりにくいけど、滝の落差がかなり怖い。 明治の頃はこのあたりに平金鉱山があったという。 当時の日本有数の銅山だったらしい。 「北海道」と名づけられた炭鉱町があってかなり賑わっていたそうだが、今では跡形もなし。 「平金」という地名自体が、すでに忘れられた地名になっている。 まるで鉱山の存在を消し去ろうとしているかのようだ。

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top