滝めぐり

大倉滝

[tabby title="2010年8月"] 8月上旬の訪問。今回は林道を直行して大倉滝のみ。 かなり良い天気だったのだけど訪問時間が遅く、滝は日影になってしまった。 夏の撮影はコントラストが強くて難しい。 ここは午前中に訪れるのが良さそうだ。 落ち口。
林道途中の展望台。 雲がかかっていて御嶽などは見えず。 [tabby title="2008年5月"] 新緑の5月上旬に訪問。百滝コースでのんびりと。 まずは滑座(なめくら)の滝。 遊歩道入口よりも下流にあるので、意外と見落としがち。
竜涎(りゅうぜん)の滝。 竜のよだれとはあんまりなネーミングだ。 だけど竜涎香なんて物があるくらいだし、縁起は良いのかもしれない。
羽衣の滝。 遠目になってしまうのがもどかしい。 上から見た羽衣の滝。赤っぽい岩が大倉谷では珍しいかも。
昇竜の滝。 岩陰で薄暗い。 横から見た昇竜の滝。
川字橋の上流。 テーブル状の流れがなんだか面白い。
滝口橋の上流。 ツツジが咲いていた。 登竜門滝。 この辺りは滝っぽい所がずっと続く。 どこからどこまでが登竜門滝なのかよく分からない。 登竜門滝の落ち口。
そして大倉滝に到着。 のんびりじっくり登ったので、以前よりもキツさは感じなかった。 岩盤に当たって向きを変える。滝壺はそれほど深くない。 天気が良くなかった事もあってか、この日歩いていたのは俺一人。 ゆっくり堪能できました。 [tabby title="2006年8月"] 8月下旬の訪問。今回は下流から遡る「百滝コース」を歩いてみた。 百滝とはいうものの、実際に名前がついている滝は大倉滝を含めて6つ。 滝の名前を募集することもあるらしい。 滑座(なめくら)の滝。 ゴツゴツした岩を、水がなだらかに滑り降りている。 上から見たところ。
竜涎(りゅうぜん)の滝。 竜のよだれですか。
羽衣の滝。手前に大きな岩がせり出していて岩越しに見る。 離れているし、とても暗い。 岩の上から覗いたところ。
昇竜の滝。 ここの滝を名づけた人はどうも竜が好きらしい。 全体的に暗めな所が多く、写真を撮るには三脚が欲しい。
川字橋(せんじのはし)を渡る。 川字橋から上流を見たところ。急流が続いている。 立派な滝だが名前はない。 名もない滝が続く。 くぐり岩を抜ける。 上を見上げると、まだまだ滝が続く。 ここら辺りからの登りが一番苦しい。体が重くなってきた。 道自体はしっかり整備されているけど、遊歩道の域を完全に超えている気がする。
登竜門滝。 長大な滝だ。何段目までが登竜門滝なのかよく分からない。 最上段が大倉滝に似ているので、ようやく終点かと思わされる。 ところがどっこい大倉滝はさらに上流だった。
登竜門滝を越えると日当たりのいい場所に出る。 ようやく大倉滝に到着だ。もうヘロヘロである。 がんばって歩いただけあって達成感もひとしお。 大倉滝がなんだか違って見えた。 百滝コースで帰る際は急な下り坂になる。 木道が滑りやすいので注意しよう。 [tabby title="2006年6月"] 高山市清見町。川上川支流の大倉谷にかかる大倉滝。 落差30メートルの堂々たる滝だ。 大きく露出した巨岩にかかっている。鋭角的な岩の形がたまらない。 滝壺。 正面から。 落ち口。 林道途中の展望台から見た大倉滝。 [tabbyending] <アクセス> 高山と郡上を結ぶ「せせらぎ街道」(県道73号・国道472号)沿い。 看板や蕎麦屋があるので分かりやすい。 郡上方面から向かう場合は、トンネルを出てすぐなので気づきにくいが。 大倉滝へのコースは大きく分けて2つ。 下流から歩いて登る「百滝コース」と、林道を車で一気に大倉滝まで直行する「眺望コース」がある。 「百滝コース」は谷沿いを歩き、約30分で大倉滝に着く。 大倉滝以外にも多くの滝が見られるのでお勧めのコースだ。 よく整備された遊歩道だが意外とキツい登りなので、ゆとりを持って歩きたい。 あちこちに案内板が置かれている。 「眺望コース」は車で登れるお手軽コース。 駐車スペースから遊歩道を少し下りるだけで大倉滝に着く。 林道途中には展望台があり、すっきり晴れれば御嶽や北アルプスが見えるそうだ。 「いにしえコース」は、旧林道を用いた非常になだらかな坂。 だけど川から遠く離れているので、大倉滝の遠望以外に見所はない。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ねこちゃん

    昨日行ってきました!
    とても楽しいコースでした。
    雨が降ってきて残念・・・
    また晴れた日に行きたいと思います!

コメントをどうぞ

Return Top