女滝 (荘川町)


高山市荘川町六厩(むまや)の別荘地の奥にある女滝(めたき)。庄川支流の六厩川にかかっている。

目次

2008年10月


10月中旬の訪問。
日没寸前でかなり暗かった。


女滝と橋。


橋には通行禁止のロープが張られていた。
だいぶ錆びているので、床が抜ける恐れがあるのかも。


滝の下流方向。
寒い事で有名な六厩だけあって、だいぶ紅葉が進んでいた。

2007年6月


6月下旬の訪問。


この日は雨後で水量が多く、河原には降りられなかった。


橋から見た女滝。


ここからでは、ただの急流にしか見えない。

2006年6月


高山市荘川町六厩(むまや)の別荘地の奥にある女滝(めたき)。庄川支流の六厩川にかかっている。


落差は2メートル位とそんなに大きくはなく、滝というより急流といったところ。


だが、川幅いっぱいに広がる姿は変化に富んでいる。


意外な迫力。


女滝の下流はこんな感じ。


女滝の橋(仮称)は謎の建造物だ。


橋を渡っても向こうにはヤブしかない。


かといって橋から滝が見えるわけでもない。


橋から上流を見たところ。 六厩川のこの周辺は結構緩やかな流れが続く。

アクセス

国道158号線沿いに看板が出ている。他には「くるま~と・六厩」という休憩スペースが目印。
国道から六厩集落に入り、別荘地方向へと進む。


しばらく走っていると左手に看板があるのだが、小さくて見落としやすい。


看板の後ろにある道を進むと、


その先は少し広い場所になり、女滝の錆びた橋がかかっている。


橋に向かって右側にある踏み跡を進むと、


女滝が見える。


女滝を正面から見るには、岩をつたって河原へ降りるしかない。くれぐれも注意して。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる