野口英世


試験管を手に実験中の野口英世。
野口英世は黄熱病や梅毒の研究で知られる細菌学者だ。
千円札にも肖像が描かれているので、今や毎日目にする顔である。


野口英世像は上野公園内にある。昭和26年建立。
写真では見づらいけど、台座には「PRO BONO HUMANI GENERIS」とある。
これは「人類の幸福のために」という意味のラテン語だそうだ。

(撮影:2004年11月)

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる