さようなら神岡鉄道

茂住駅

 茂住といえばスーパーカミオカンデ。
 東京大学宇宙線研究所によって神岡鉱山茂住坑内に建設された、ニュートリノの検出装置である。ニュートリノ天文学はさっぱり理解できないのでよく分からないけど、なんだかすごい施設らしい。さすが宇宙科学最先端の町だ。ここを使った研究で小柴昌俊がノーベル賞を受賞したことは記憶に新しい。

 カミオカンデは「Kamioka Neutrino Detection Experiment(神岡ニュートリノ検出実験)」または「Kamioka Nucleon Decay Experiment(神岡核子崩壊実験)」の略だそうだ。最初は「カミオカンデ」という装置が使われていたが、現在はより性能にすぐれた「スーパーカミオカンデ」が使用されている。「カミオカンデ」の跡地は現在「カムランド」という装置になっていて、こちらは東北大学の施設。


珍しく立派な駅舎があった。
だけど中身は閉鎖されていて、待合室しか利用できない。


右側には線路の跡が。鉱山のかつての隆盛ぶりがうかがわれる。




国道41号線は高原川を挟んだ対岸。すぐ上流には新猪谷ダムがある。


山の上には廃墟っぽい鉱山の建物も見える。


橋を渡っていたらカモシカが出てきた。そんな場所なのです。


この駅には福禄寿。


周辺案内。


次は「飛騨中山駅」です。

コメントをどうぞ

Return Top