綿ヶ滝

[tabs]
[tab title=”2009年9月”]

9月中旬の訪問。
手軽に見られる良い滝なので寄ってみたのだが・・・、


落石のため通行不可。この年はほとんどダメだったみたい。


なので展望台からの遠望のみ。



さらに下流にある不老橋から。狭まった峡谷や甌穴が見られる。

[/tab]
[tab title=”2007年7月”]

石川県白山市下吉谷町、手取川の支流・駿馬川にかかる「綿ヶ滝」。


手取川に直接流れ込む。


雨が続いたせいか、ずいぶん豪快だ。もうもうと立ち上る水煙がすごい。


水飛沫もひどく足を滑らせてしまいそうなので、これ以上近づけない。


綿をちぎって投げるような様子から名づけられたそうだけど、この豪快さは綿なんてもんじゃない。


手取峡谷は両岸が切り立った崖になっていて、「白山麓グランドキャニオン」の異名をとる。
綿ヶ滝の他にもあちこちから水が落ちていた。


下流の様子。ずっと向こうに展望台が見える。

[/tab]
[/tabs]

アクセス


国道157号線から不老橋で手取川を渡った先。
周辺は「綿ヶ滝いこいの森」というキャンプ場になっていて、駐車場もある。


あとは階段を降りるだけ。かなり急なので滑り落ちないよう注意。


綿ヶ滝の説明。


中部北陸自然歩道の案内図。綿ヶ滝の他にも見所がありそうだ。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる