勝道上人


栃木県日光市にある勝道(しょうどう)上人の像。


勝道上人は奈良時代~平安時代の僧侶で、日光を開山した事で知られる。
輪王寺・二荒山神社などを創建し、男体山(二荒山)信仰の礎を築いた。
大谷川にかかる神橋のエピソードは、彼に関連したもの。


輪王寺の駐車場の一角に建っています。

(撮影:2008年9月)

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる