像めぐり

甲良宗広


滋賀県甲良町にある、甲良豊後守宗廣の像。
甲良宗広は江戸時代に活躍した大工の棟梁で、日光東照宮や寛永寺五重塔の造営で知られている。


指金を手にした姿がいかにも大工という感じ。


ここ甲良に生まれた宗広は京都で修業し、徳川家康に重用された。
同じく甲良出身の藤堂高虎の推薦と言われている。


甲良町役場近くの交差点に建てられている。


甲良豊後守宗廣公銅像記。日光東照宮にも同型の像があるそうだ。


(撮影:2009年12月)


コメントをどうぞ

Return Top