さようなら神岡鉄道

漆山駅

神岡鉱山前駅を過ぎた途端山間部に入り、カーブと洞門の連続する国道41号線を走ることになる。
その間、神岡鉄道はトンネルだらけ。
高原川対岸を国道とほぼ平行に北上しているのだが、国道からはほとんど見えない。


ただでさえ利用者が少ない神岡鉄道だが、この漆山駅の寂しさは際立っている。
なにしろ駅から人家が全く見えない。


国鉄時代は「西漆山駅」だったそうだ。当時からこんな雰囲気だったのだろうか。


ここで駅寝した人の日記をネットで読んだ事があるけど、さぞ心細かったに違いない。


この駅には寿老人が飾られている。夜になったら目が光ってそうで怖い。


神岡鉱山の坑道や研究施設を見学できるツアー「ジオ・スペース・アドベンチャー」の集合場所だった事もある。
その時くらいは賑わっていたのかも。


国道は川の向こう。


次は「茂住駅」です。

コメントをどうぞ

Return Top