像めぐり

安倍晴明


長野県木曽町新開に清博士という所がある。
ここには安倍晴明(あべのせいめい)のものと伝えられる墓が残っていて、彼の石像も造られている。


安倍晴明は平安時代の陰陽師。
その謎に満ちた人物像は、小説や映画でもおなじみだ。
京都から遠く離れた木曽に墓があるという事自体がミステリーだが、彼なら何でもありと思えてしまう。



手前に見える二基の塔が彼の墓。


詳しくはこちら。


平成元年の建立という安倍晴明像。やはり気になるのはこのポーズだろう。


横から見るとキツネに見えるという仕掛け。
安倍晴明はキツネの子供だと言われている。


国道361号線沿いの畑の中にある。


道路の反対側にある清博士のバス停とあずまやが目印。


(撮影:2007年6月)


コメントをどうぞ

Return Top