立達磨


飛騨市神岡町、観音山の中腹に立っている「日本一の立達磨」。


高さは約9m。台座を含めると15mにもなる。


神岡鉱山で採掘された銅を使用しているそうだ。


ヒゲがなんだかリアル。


後ろ姿。


ここは洞雲寺の奥の院にあたる。
神岡町船津にある洞雲寺には「だるま堂」があり、約5000個のだるまが展示されているそうだ。


立達磨の視線の先には神岡の町並みが広がる。


町の中から見るとこんな具合。


鉄塔のそばにいらっしゃいます。

(撮影:2006年7月)

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる