雨乞の滝

[tabs]
[tab title=”2009年2月”]

徳島県神山町神領。鮎喰川(あくいがわ)支流の高根谷川(こうねだにがわ)にかかる「雨乞の滝」。
ずいぶん標高差のある谷で、雨乞の滝下流にも多くの滝がかかっている。



下流から見ていこう。まずは「うぐいす滝」。


右側にも面白い形状の滝が落ちている。


妙に赤っぽいのが不気味。



不動滝。


遊歩道からでは見辛いのでもどかしい。



地獄淵。
血みどろな雰囲気が、いかにも地獄っぽい。


この辺りは特に切り立った場所で、淵の前後も滝になっている。



もみじ滝。
紅葉の時期が良い感じなのだろう。滝つぼ周りは落ち葉で一杯だった。


下流の橋から見たところ。



観音滝。
ここまで来れば雨乞の滝まであと一息だ。


小さな滝だけどなかなかの美しさ。


遊歩道を進むと横からも見られる。



そしてようやく雨乞の滝に到着。こちらは雌滝。


45mの落差を何段にもなって落ちている。


よく見ると横には鎖がついていて、滝の中段まで登れる。
・・・のだけど、そんな事にまったく気付かないくらいヘトヘトでした。


向かって左側には雄滝もある。こちらの水量はわずか。


岩壁に囲まれた空間は薄暗く、かなり寒い。所々で凍っていた。


雄滝と雌滝を同時に撮るとこんな感じ。


やはり主役は雌滝ですね。

[/tab]
[/tabs]

アクセス



国道438号線から神山町市街地へ。看板を頼りに進むとやがて駐車場に着く。
かなり細い道を通るので対向車に注意。


雨乞の滝まで約20分との事だが、急坂が続くのでもう少し多めに見た方がいいだろう。


よく整備された遊歩道で、足元に不安は無い。


が、とにかく急坂。距離以上のきつさがある。


行けども行けども登り坂。


次々と滝が見えてくるが、その滝を越えねばならないという事でもある。
恨めしいほどの登り坂だ。


あずまやが見えてくればようやく終点。
岩壁を回り込むと、目の前に雨乞の滝が登場する。


一気に登ったのでバテてしまった。
途中で滝を眺めつつ適度に休まないと、最後までもたないと思います。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる