天生中滝

[tabs]
[tab title=”2008年6月”]


天生峠を訪れる時はいつも陰鬱な天気が多いのだけど、今回は珍しく晴天になった。


晴れていると印象もだいぶ違う。


飛び散る水しぶきが気持ち良い。

[/tab]
[tab title=”2007年10月”]


紅葉しているかと思って向かった天生峠だけど、まだだった。


微妙に黄色がかっているという程度。


昨年とはカメラが違うので、滝の雰囲気も違って見えるかもしれない。

[/tab]
[tab title=”2006年9月”]


白川村。庄川支流の木滝谷を流れる中滝。下流にある木滝、上流にある高滝とあわせて「天生三滝」と呼ばれている。


深い森の中、霧が出てきたこともあって神秘的な雰囲気。そういえば天生峠は泉鏡花「高野聖」の舞台だ。蛇や山蛭に襲われやしないかとドキドキしてきた。


数日後にもう一度行ってみた。雨の後なので水量が増えている。おかげで荒々しさが増した感じ。


激しく水煙があがっていたが、展望地点からは滝壷が見えない。


上流も激しい流れになっている。

[/tab]
[/tabs]


<アクセス>



国道360号線沿い。白川村荻町から天生峠へ向かう途中にある。国道360号線は通行止になる事が多いので、交通情報には注意。白川村側から向かえば、やがて目の前に飛び込んでくるので分かると思う。


ガードレールに立てかけられていた滝の案内。かすれていて読みづらい。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる