像めぐり

前田利長 (八丁道)


富山県高岡市、瑞龍寺近くの八丁道にある前田利長の像。
八丁道というのは、瑞龍寺と前田利長公墓所を繋ぐ長さ八丁の道。
利長は瑞龍寺の前に座っている。


高岡開町の祖とされる前田利長。同じ市内の古城公園にも彼の銅像がある。
どちらの像も、背の高い兜がトレードマークといえる。


後ろ姿。


その視線の先にあるのは、自らの墓所だろうか。


瑞龍寺。仏殿・法堂・山門が国宝に指定されている。
荘厳な作りをした、北陸地方を代表する名刹だ。


(撮影:2007年2月)


コメントをどうぞ

Return Top