像めぐり

雷電為右衛門


長野県諏訪市、諏訪大社上社本宮に雷電為右衛門の像がある。


雷電為右衛門(らいでん・ためえもん)は江戸時代の力士。
254勝10敗2分という通算成績を誇り、大相撲史上最強の力士と言われている。


身長197cm、体重170kgもあったといい、今見ても巨人のような体格だ。
銅像のモデルは柏戸、佐田の山、富士錦だそうだが、この誰よりも大きい。


雷電の出身は信濃国大石村(現在の東御市)で、当地と直接の繋がりはない。


ただ諏訪大社の祭神は相撲と関連があるらしいので、まったく無関係でもないか。
現在でも神事として奉納相撲が行われているそうだ。


境内案内図。


諏訪大社といえば御柱祭が有名ですね。


入口門と布橋。


(撮影:2009年4月)


コメントをどうぞ

Return Top