さようなら神岡鉄道

神岡大橋駅


車ですぐ傍を通ったのにまったく気付かず、この辺りを歩いてようやく場所が分かった。
それくらい存在感が薄い駅である。神岡鉄道になってから新たに作られたらしい。


知らない人だったら、ホームまで車で入ってしまいそうな立地。
電車を降りると目の前にタクシーがいるというのも悪くないなぁと妄想してしまった。


駅のすぐそばを吉田川が流れている。


ここに飾られているのは弁財天。
神岡鉄道は全部で7つの駅がある。だから七福神という考え方なのだろう。


駅よりも目立つのが、近くにあるキノコ型トイレ。
道路から丸見えなので使用するには勇気がいる。
駅舎がただのプレハブ待合室だっただけに、こちらの方がインパクトは大きかった。


次は「飛騨神岡駅」。

コメントをどうぞ

Return Top