滝めぐり

高樽の滝


<アクセス> まずは付知峡から渡合温泉方面へと向かう。 写真の分岐点をまっすぐ進む。(攻橋・不動滝方面は右。) 付知峡案内図。高樽の滝は左上に書かれている。 上流にある渡合温泉はランプの宿として有名だ。 ゲートを通過し林道白川付知線に入る。 ほぼ砂利道の林道で、所々にできた水たまりが結構深くて走りづらい。 (この林道白川付知線は冬は通行止になる。) 途中にあった「裏木曽古事の森」の看板。 ゲートから15分ほど進むと、橋が2本かかった場所にさしかかる。 ここが高樽の滝。林道をさらに進むと高時の滝がある。 階段を降りると滝見台がある。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 駐車場は近くにあるの

  2. 駐車場と言えるかどうか分かりませんが、橋の近くに若干スペースがあったと思います。

  3. 昨日、行ってきました。階段で正面から見れますよ。行きましたが道が凸凹で大変です。
    高樽の滝は絶景ですね。☺駐車スペ-スは軽で2台可能です。

コメントをどうぞ

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Return Top