滝めぐり

裏見の滝

  • 2008年9月



栃木県日光市。大谷川支流の荒沢にかかっている「裏見の滝」。


華厳の滝、霧降の滝と並ぶ日光三名瀑のひとつに数えられている。


前述2つの滝に比べて地味ではあるけど、あちこちから伏流水が流れ出す様子が神秘的。


かつては裏側から見ることができたのが名前の由来。不動明王が祀られている。


滝壺。




暗いんだか明るいんだかよく分からない天気で、とても撮りづらかったです。


裏見の滝全景。
向かって左側に落ちているのが荒沢相生滝。右側が荒沢白糸滝というそうです。


荒沢白糸滝は水量少なめ。


荒沢相生滝。滝見台のすぐ傍に落ちていて、水飛沫がかかってくる。



裏見の滝への途中にもいくつか滝がある。
この写真はたぶん「一の滝」。
荒沢本流にかかっていて、遊歩道から見下ろす形になる。


この滝は荒沢布引滝というらしい。
木々に隠れて見づらいけど、伏流水がザバザバと流れ出しているのが分かる。


山の斜面のあちこちから水が流れ出していた。


アクセス



遊歩道入り口。すぐそばに広い駐車場あり。


案内図。


地図部分の拡大。


滝まで徒歩10分くらい。
ちょっとした岩場や、滑りやすい木道などがあるので足元には注意。


別の案内図。

コメントをどうぞ

Return Top