仙樽の滝

目次

2009年4月


4月上旬の訪問。


天気は良かったけれど滝の周辺は暗く、いまいちな写真。
次はもっと違う季節に見てみたい。


岩をつたって滝壺の傍まで接近してみた。


大迫力を間近で味わえる。


吊り橋を渡って上流へ。


落ち口は激流に洗われて、岩が白っぽくなっていた。


仙樽の滝上流の様子。

2007年2月


中津川市付知町。付知川上流の東股谷(不動渓谷)にかかる仙樽の滝。
不動滝の上流にある。


落差はそれほど無いが、水の勢いが凄い。大迫力の滝だ。


落ち口の岩が白くなっている。


吊り橋を渡って、落ち口を見ることもできる。


上流の様子。

アクセス

不動渓谷までの道のりは、不動滝観音滝を参考のこと。


不動滝との分岐をまっすぐ進むと吊り橋がある。


定員は4人。


写真では分かりにくいが、かなり高くて怖い。


少し歩くと東屋があり、開けた川原に出る。


転がる巨石群に圧倒されるが、遊歩道が整備されているので見た目よりは楽だ。


河原を回り込むと、岩陰に隠れていた仙樽の滝が姿を現す。


さらにもう一本吊り橋を渡って、滝の上流にも行ける。


こちらは定員2名。


恐怖感もさらにアップ。


帰りは水路沿いの遊歩道をどうぞ。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる