MENU

ニコイ大滝


飛騨市宮川町菅沼。菅沼谷支流にかかるニコイ大滝。

目次

2008年5月


120mもの落差があるという、岐阜県でも最大級の滝だ。


これほどの落差ながら、見えるのは上部のみ。


残りの数十mは橋の下を流れ、はるか谷底へと向かってゆく。


場所がかなり限定されるので、何枚も撮ったわりに同じような写真ばかりになってしまった。


ちょっと横に移動すると、もう見えない。


振り返って見ると、周りは緑一色。対岸からなら滝が一望できそうな気もするけど、かなり大変そうだ。

アクセス


まずは国道360号線から、林道を池ヶ原湿原方面へ。途中には板倉の建物と棚田で知られる種蔵集落がある。


林道は曲がりくねった上り坂。道幅も狭い。


途中、「青少年旅行村みやがわ」を通る。かつてのキャンプ場跡らしいが、今でも営業中なのだろうか。朽ちかけたバス停がさびしい。大滝へは「ニコイ」方面を進む。


傍らにある案内板。多くの滝マニアがこれに惑わされてきた。現在、青少年旅行村からニコイ大滝へは行けないので注意。


というわけで林道をさらに進む。気がつけば標高がかなり高い。


とあるカーブ脇に、ひっそりと置かれた立入禁止が目印。ここに車を置き、踏み跡に従って歩く。

立入禁止という場所に入るので、紹介していいものかどうかかなり迷いました。見に行く人は、くれぐれも注意をお願いします。


数分歩くと巨大な橋が見えてきた。


ニコイ大滝はこの橋の上から眺める事になる。


あちこちひしゃげた手すり部分。橋はかなり老朽化しており、常に崩壊の危険がある。

目次
閉じる