MENU

大釜の滝

[tabs]
[tab title=”2009年2月”]

徳島県那賀町。沢谷川上流の釜ヶ谷川にかかる「大釜の滝」。


付近は釜谷峡と呼ばれる狭い渓谷。
大釜の滝はその代表的な存在で、日本の滝100選にも選ばれている。


落差は20mとそれほど大きくないが、淵の深さが15mもあるそうだ。
大蛇が住んでいるという伝説が残る。


滝の下流方向。巨大な岩壁に囲まれている。
この断崖にできたツララが溶けてバラバラと落ちてきた。
落石かと肝を冷やしながらの滝見は恐怖感でいっぱい。


川原に降りる事もなく、そそくさと退却。
断続的に聞こえてくるバラバラいう音に、すっかりビビってしまいました。



大釜の滝下流にある「小釜の滝」。
大又橋に滝の案内があるものの、岩の向こう側に落ちているらしい。
音はすれども姿は見えず。



さらに下流。小さな神社の対岸あたりにも滝があった。


電力会社の巡視路らしきものが邪魔だけど、結構落差はありそう。

[/tab]
[/tabs]

アクセス



国道193号線。大轟の滝からさらに上流へと向かう。


巨岩で埋め尽くされた沢谷川。


国道のすぐ脇に位置する大釜の滝だが、駐車スペースはない。
酷道として有名な193号線だけあって道幅もかなり狭いので、路駐にも気を使う。
下流の小さな神社あたりに車を置き、歩いて向かった方が安心かもしれない。
(訪問時はちょうどこの神社付近から冬季通行止だった。)


大釜の滝手前にはこんな素掘りのトンネルもある。
(写真は大釜の滝側から撮ったもの。)


でかい看板が立てられているので、すぐ分かるでしょう。
(木沢村は2005年に合併し那賀町となった。)


こんな険しい場所だけど、遊歩道はばっちり完備。

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる