板尾不動滝

[tabs]
[tab title=”2009年9月”]

石川県白山市河内町板尾にある不動滝。
直海谷川(のみだにがわ)支流の板尾谷の、そのまた小さな支流にかかっている。


落差はかなり大きく50mなんて情報もあったが、実際は30mくらいか。


落ち口がはるか彼方。


この日は水量が少なく、直下に立っても水飛沫がかからないくらい。


滝壺の様子からすると、普段から水量はそれほど多くないのかも。


昼過ぎの訪問だったため、滝の前はかなり暗かった。


すぐそばに採石場があるため音が聞こえてくるのが残念だけど、滝自体は静かな雰囲気でした。



下流にもいくつかの滝がある。写真は三の滝。


落差は5mくらいか。



二の滝。


二の滝の落ち口。


さらに下流には一の滝もあるそうなのですが、見逃してしまいました。

[/tab]
[/tabs]

アクセス


国道157号線から、手取川第三ダム方面(金沢セイモアスキー場方面)へ。
少し進むと板尾地区の標識が出ているので、そこで橋を渡る。


板尾地区は道がちょっと狭い。しかもこの先に採石場があるため、大型トラックも次々に通る。
不動滝入口までそれほど距離はないが、すれ違いに注意が必要。


不動滝入口付近。砂利の広場になっているので、ここに車を止める。


不動滝入口。宿の岩(しゅくのいわ)・蛇巻岩登山口でもある。


標柱の横には「不動滝一Km」とあったが、実際にはもっと近い。
不動滝まで10分もあれば着く。


所々階段が作られているが、結構草木が茂っているので確かに足元には注意したい。


歩き始めて2・3分で「二の滝」。


さらに2・3分で「三の滝」に到着。


宿の岩分岐を通過。


そして不動滝に到着。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる