さようなら神岡鉄道

奥飛騨温泉口駅


名前こそ「奥飛騨温泉口駅」だが、温泉情緒を感じさせるものは皆無。
ここから奥飛騨温泉郷って結構遠いので、ずいぶん無理があるネーミングだと思う。
国鉄神岡線時代は「神岡駅」だったそうだ。すぐ近所には交通安全ロボがある。


神岡鉄道本社を兼ねている駅舎。


駅前にはディーゼル機関車が飾られている。
神岡鉄道の収入のほとんどは、鉱山からの貨物輸送だったそうだ。


説明板。


ひと足遅く電車が出発したあとだった。


ホームには誰も残っていない。




各駅にはなぜか七福神が飾られている。


ここには布袋さま。


周辺案内


というわけで、次は「神岡大橋駅」。

コメントをどうぞ

Return Top