春の高山祭 2007


4月14日と15日は春の高山祭。
飛騨路にようやく春がやって来た。


高山祭といえば屋台。
春祭りには12台の屋台が曳き揃えられる。


それぞれに個性のある屋台ばかりだ。これは琴高台。


鯉の刺繍が目を引く。



崑崗台。



恵比須台。


オランダ風の見送りと手長・足長の取り合わせ。



五台山。


牡丹の彫刻、獅子と牡丹の刺繍、獅子の彫刻、御所車。
上から下まで、すべてが芸術品という感じ。



麒麟台の下段彫刻「唐子群遊」。高山の屋台の中でも特に傑作と名高い。


彫刻に見入る人々。



江名子川沿いの桜が咲いていた。
飛騨地方の桜はこれから本番を迎える。