金劔宮不動滝

[tabs]
[tab title=”2009年9月”]

白山市鶴来日詰町。金劔宮(きんけんぐう)の境内にある不動滝。


思っていたよりも大きい。落差は15mほどあるそうだ。


木が繁って上の方が見づらいけど。


厳冬時には凍結するという。


滝壺では鯉が泳いでいた。

[/tab]
[/tabs]

アクセス


金劔宮は、付近の町名・鶴来町(つるぎまち)の由来になったという古社。


近くには白山比咩神社もあり、白山信仰と密接に関連している。


境内が県道で分断されているため、不動滝を見つけるのに少し苦労してしまった。
北側の参道近くにあった地図も、かなり分かりづらい。


不動滝は南側の参道にある。


不動滝の説明。


滝の隣には岩清水社もあり、ちょっとした公園として整備されている。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる