MENU

湖西どんよりドライブ

2011 12/16


またも古い内容です。昨年の9月下旬、滋賀県は湖西地方に行ってきました。


木之本ICで高速を降り、反時計回りに琵琶湖沿いを走ります。
道の駅「しんあさひ風車村」で休憩。


青いのや黄色いのがお出迎え。


オランダをイメージしたという園内には風車だけでなく池や菖蒲園もある。
ここだけでものんびり過ごせそうなスポットだ。


道の駅から道路を渡った湖岸には、藤本太郎兵衛の像が建っている。


藤本太郎兵衛は、琵琶湖の治水に尽力した江戸時代の人物だそうだ。
穏やかに見える琵琶湖だけど、そこには先人の並々ならぬ努力があったのだろう。



次に寄ったのは道の駅「藤樹の里あどがわ」。
安曇川は「近江聖人」と呼ばれた江戸時代の儒学者・中江藤樹の生誕地。


少年時代の藤樹と母を描いた母子孝養像がある。


安曇川町は扇骨の生産日本一だとかで、道の駅の看板もそれっぽい形。
(後ろに見えているのは、滋賀県のローカルスーパー平和堂。)


よく見たら道の駅の建物にも扇があしらわれている。



お次は白鬚(しらひげ)神社。近江最古といわれる古い神社だ。


この神社は湖中に建っている鳥居で知られる。
「近江の厳島」はさすがに言い過ぎとは思うけど、どことなく風情がある。


境内と大鳥居の間を横切る国道の交通量が多く、落ちつかないのが残念。



そして今回のメイン、「楊梅の滝」に到着。


楊梅(ようばい)の滝は、上流から雄滝・薬研の滝・雌滝の三段からなる。
三段すべてを合わせた落差は76mにもなり、これは滋賀県でも最大らしい。


入口にあった案内図。往路は尾根道、復路は谷沿いを歩くことにする。


入口から雌滝へは石段がつけられた歩きやすい道。


5分ほどで雌滝に到着。


水が綺麗。


谷を離れて尾根道へ向かう。


だいぶ高い所まで登ってきた。眼下には琵琶湖が広がっている。


途中の滝見台から雄滝が遠望できる。


周りの岩もすごい。


そして雄滝に到着。雌滝から滝見台や涼峠分岐を経て30分ほど。


滝壺から見上げる雄滝は迫力満点。


滝壺。


引きがとれないので全体をおさめづらい。


茶色い岩肌に白く水が流れ落ちる。


雄滝の下流も激しい流れになっていた。
ここがおそらく薬研(やげん)の滝なのだろう。


帰り道。
左岸側にあったロープを目印に進んでいたら、こんなところを降りる羽目になった。
あれ?こんなルートだったっけ?とか思いながら降りてみると、


薬研の滝のすぐ横だった。


錆びたハシゴで流れを渡り、急斜面を降りるとすぐ雌滝に着く。
尾根道を30分歩いて登った事を思えば、あっけないほどの近道で驚いた。

というわけで撮影時間を含めて2時間ほどの滞在でした。
帰りに使った谷沿いのルートは若干危険なので、天候の悪い時や不安な人は尾根道の方が良いと思われます。



で、最後は琵琶湖大橋。
本当は他にも予定を立てていたのだけど、あまりに薄暗かったので足取りが重く、もう帰る事にしました。


より大きな地図で 湖西どんよりドライブ を表示

コメント

コメント一覧 (2件)

  • ヒックス より:

    昨日はお疲れさまでした。

    僕がオープンカーに乗っていた頃、琵琶湖周遊に行きました。
    風車も花畑も藤本太郎兵衛の像も覚えています(*^^)v
    滝には行かなかったですが、流石がんでんさんですな。

    また今度遊びましょう!

  • ドビ より:

    先日はお世話になりました。
    滋賀県にはあんまり縁がなくて知らなかったのですが、琵琶湖周遊コースは人気のドライブルートなんですね。
    見たい滝もまだまだある事だし、次は天気の良い時にまた行きたいです。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください