俺の本棚

ローマ人の物語


ローマ人の物語〈43〉ローマ世界の終焉〈下〉 (新潮文庫)

 第1巻の刊行から足掛け10年。塩野七生の「ローマ人の物語」文庫版がついに完結しました。自分が就職したての頃に読み始めた事もあって感慨深いものがあります。

 高校の世界史でもローマは習ったけれど、時代ごとにブツ切りな感じがして物足りなく思っていました。この「ローマ人の物語」では主要人物を中心に話が進むので非常にドラマチック。特に序盤のポエニ戦争やガリア征服あたりは手に汗握るシーンが目白押し。こういう書き方は小説家ならではですね。やたらカエサル萌えな記述が多くてウンザリする事もありますが、そのあたりを差し引いても絶好のローマ史入門書と言えるでしょう。
URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ヒックス店長

    どうもお久しぶり(*^^)v
    ローマ人の物語は単行本で読みました。
    著者の主観が入り過ぎているかなと~という印象はありますが、それがまた魅力でもあるかもしれませんね。
    今では仕事に家庭に、読もうとする気力すら湧きません(笑)
    若いころを懐かしく思いました。

  2. お久しぶりです。お元気ですか。
    仕事に家庭に、充実してらっしゃるようで何よりです。
    お子様もずいぶん成長されましたね。
    時の流れは速いものですな。

コメントをどうぞ

Return Top